fc2ブログ
子供の未来を考える会ハチドリ
… 放射能汚染から、子ども達を守りたい…
ハチドリ便号外
ハチドリ便第4号に続けて、ぼうごさんの漫画をお借りして号外を3枚作り、配っています。

選挙まで、あと2週間。
期日前投票は、23日から始まっています。

この国に住む、選挙権のない人や子どもたちのためにも、忘れず投票したいですね!!


ハチドリ便号外①


ハチドリ便号外②


ハチドリ便号外③
スポンサーサイト



[2022/06/27 15:00] | 未分類 |
ハチドリ便 第4号
7月の選挙に向けて、ハチドリ便第4号を作りました。
相変わらずヘタな手作り新聞ですが、なんと、ぼうごなつこさんの魅力的なまんがを掲載することをご本人に了承いただけました!
ぼうごさん、ありがとうございました!!

ぼうごなつこさんの漫画はこちら。


自民党改憲案って?
どんなことが変わるの?

興味を持って、選挙に行く人が増えたらすごく嬉しいです。

ハチドリ便 第4号




また、自民党改憲案については、分かりやすくまとめておられる方のイラストをご覧になってください。

Screenshot_2022-04-25-15-31-44-19_0b2fce7a16bf2b728d6ffa28c8d60efb.jpg

この方のブログは、こちらです。

[2022/06/02 19:16] | 未分類 |
第1回口頭弁論の集会に参加しました
5月26日、「311子ども甲状腺がん裁判」第1回口頭弁論の支援集会と報告集会に参加してきました。

支援集会では、美しいウクライナ民族楽器バンドゥーラの音色とカテリーナさん親子の歌、平和を祈る言葉が胸に響きました。
カテリーナさんは生後1か月の時にチェルノブイリ原発事故が起き、プリピャチからキーウに強制避難になったそうです。
ロシアのウクライナ侵攻で日本に避難されたお母様は「ウクライナだけでなく日本に、世界中に平和を。日本に平和の青い空がありますように」と。
原発事故や戦争によって、人々が翻弄されることのない世の中になってほしいと心から願います。

口頭弁論が延長になって40分ほど遅れて始まった報告会では、どの弁護士さんも、原告の方の意見陳述が大変よかったと口々に言っておられました。
被告側は「科学的客観的な判断をお願いします」と、裁判官が心を動かされるため今後は口頭弁論させたくない様だったけれど、意見陳述を聞いてから「裁判所に委ねます」と態度が変わったそうです。
「原告本人の意見陳述を少なくしようなんていう雰囲気ではなくなった」とのことでした。
また一人の弁護士さんは「データが何よりも科学的。大局を見失ってはならない」と言われ、その通りだと思いました。

原告の方の練習の意見陳述が音声で会場に流れ、会場では目頭を押さえる人が何人もおられました。
裁判では、法廷に立った原告の方は涙ながらに時に声を詰まらせて、それでもしっかりと話し続けられたそうです。
頑張って話してくださったんだと涙が出る思いと、そんなことを裁判で罹患者に言わせなければならない状況に怒りが込み上げました。

感染が収束しない中でしたが、しっかりマスクを装着し、参加することができて良かったです。
今後も裁判の行方を注視し、応援していきたいと思います。

裁判の様子については、傍聴された吉田千亜さん、木田修作さん、牧内昇平さんの記事をお読みください。




1654060223403.jpg



1654060297045.jpg






1654060173568.jpg














[2022/06/02 16:52] | 未分類 |
甲状腺エコー検査@真岡が開催されます
7月2日(土)に、「関東子ども健康調査支援基金」による甲状腺エコー検査が真岡で開催されます。

栃木県内での実施予定は以下の通りです。
那須塩原検診 10/22(土)・23(日)
矢板検診   10/29(土)
宇都宮検診  10/30(日)

基本的な感染対策に加え、換気の徹底、スタッフ人数を通常の半分以下に抑えるなど工夫を凝らして開催します。
たくさんのお申し込みをお待ちしています。

今年の栃木県検診チラシも、㈱さいた様がボランティアで素敵なデザインをくださいました。
11年を重ねて子どもを持つようになっていく写真に、わが子のアルバムを見ている様な気持ちになり、思わずジーンとしてしまいます。
㈱さいた様、ありがとうございました。


202207mooka (1)
[2022/05/16 16:53] | 未分類 |
「311子ども甲状腺がん裁判」の第1回口頭弁論
東電福島原発事故に伴う放射性物質の被ばくにより甲状腺がんになったとして、若者6人が東京電力を訴えた「311子ども甲状腺がん裁判」の第1回口頭弁論が、5月26日(木)に開かれます。

支援集会では、チェルノブイリ原発事故時にプリピャチに住んでおられたカテリーナさんのウクライナ民族楽器バンドゥーラの演奏もあるとのこと。

入廷行動の応援、支援集会・報告集会など、ご都合のよいお時間に、ぜひご参加ください。


Screenshot_2022-05-16-15-44-37-52_e5d3893ac03954c6bb675ef2555b879b.jpg
[2022/05/16 16:15] | 未分類 |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

『子供の未来を考える会ハチドリ』

Author:『子供の未来を考える会ハチドリ』
私たちは、2012年に矢板市が福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染による指定廃棄物最終処分場候補地に選定されてから、座談会や勉強会・お茶会を行ってきました。
2015年2月「放射能からこどもを守ろう関東ネット」に加入。
「関東子ども健康調査支援基金」と協力し、甲状腺エコー検査を矢板市で実施しています。

放射能汚染から子ども達を守り、より良い未来を作るために、これからも「ハチドリのひとしずく」のように一人ひとりが出来ることを考え、活動していきます。

お問い合せ先
hachidori_88@yahoo.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する