子供の未来を考える会ハチドリ
… 放射能汚染から、子ども達を守りたい…
おしどりマコ&ケン トークライブ!
おしどりマコ&ケンさんが、宇都宮にいらっしゃいます!
みんなで参加しましょう♪

おしどりマコ&ケン トークライブ
「原発!本当のところ、どうなの?」
日時  4月28日(土) 14:30~2時間予定
場所  栃木県弁護士会館 大会議室
☆入場無料


おしどりチラシ
スポンサーサイト
[2018/04/10 13:16] | 未分類 |
動画「歌って踊って保養に行こう!」
お芝居と歌と踊りで保養を広めておられる、塩谷町の「とちの実保養応援団」の動画です!
お芝居は、12分くらいから。
笑えて勉強になります(*´∀`人 ♪
ぜひぜひご覧くださ~い!!

「歌って踊って保養に行こう!」
https://youtu.be/Fw_hDffQK0k


20180419154206b7f.png

[2018/04/09 10:13] | 未分類 |
三郷市民健康講座と基金取手検診
3月10日(土)、三郷市文化会館で開催された三郷市医師会主催「市民健康講座~原発事故再考~」に参加してきました。
当初予定されていた講師の先生が体調を崩され欠席、第1部は急遽、南三陸病院歯科口腔外科部長の斎藤政二先生の講演「南三陸町における病院歯科医の活動」となりました。
斎藤先生はご自身で撮影された写真を交えたスライドを映し出しながら、震災当時の体験をお話くださいました。
基礎しか残っていない家々、5階建ての病院の4階まで海水が来て患者を運ぶために屋上に停めたヘリコプター、先生のご友人でもあった院長他たくさんの方が亡くなった病院・・・
斎藤先生は亡くなった方の歯を見て確認してほしいと頼まれ、カルテが流されて無い状況にも拘わらず「これは私が治した歯です」と確認をされたそうです。
スライドを観ながら、私の席の近くの方はずっと泣いておられました。
私も7年前の震災が蘇り、圧倒的な自然の驚異の前にただ呆然としたこと、そして原発事故の危機に気付かず対処できなかったことを思い出していました。

第2部は、国際医療福祉大学クリニック委員長の鈴木元先生の講演「福島原発事故後の小児甲状腺線量評価の現状と課題」で、放射性ヨウ素の拡散ルート、沈着量汚染地図、暫定規制値、UNSCEAR2013からの評価などのお話がありました。
鈴木先生は「チェルノブイリと数十倍線量が違う」と言われましたが、チェルノブイリでも低線量地域で小児甲状腺がんが発生していることを考えると、単に最大線量のみで「だから放射線リスクは少ない」とは言えないのではと疑問を持ちました。
ただ鈴木先生も「判断するにはまだ時期が早い」と仰り、「受診者が減少しているので対策を考えたい」とのことでした。
福島県外でも検査を望んでいる方がたくさんいることを伝えたかったのですが、質疑応答の時間が設けられておらず残念でした。

講演後「放射能からこどもを守ろう関東ネット」木本さん、参加された三郷市のお医者さんとお話する機会をいただきました。
そして、今回斎藤先生のお話を伺い南三陸町の被災をスライドで観て震災を振り返り、鈴木先生の講演で甲状腺検査について考えることができ、参加して良かったと思いました。

この日は三郷市のホテルに宿泊し、翌日3月11日に「関東子ども健康調査支援基金」の取手検診を見学させていただくことに。
会場の生協くらしのサポートセンター青柳にお邪魔し、検診に来ていた子どもたちと折り紙をして遊んできました。
とても楽しいひと時を過ごさせていただき、野宗先生と青山先生ともお会いできて嬉しかったです。
取手の皆さま、基金のスタッフの皆さま、お世話になりました。ありがとうございました!

子どもたちが作った作品・・・三角のは、ピザなんですって!
DSC_1169.jpg

クワガタ大集合~
DSC_1168.jpg

豪華な?指輪いっぱいできました。
DSC_1167.jpg





[2018/03/12 12:03] | 未分類 |
塩谷町甲状腺検査結果説明会
2月18日(日)、塩谷町道の駅湧水の郷しおやで開かれた「平成29年度塩谷町甲状腺検査結果説明会」に行ってきました。
講師の清水奈名子先生は、初めての方にも分かりやすく塩谷町を含めた新しいデータを示しながら検査の継続の必要性を説明されました。
最近「伝える」ことに迷いや戸惑いがあり、そして伝え方が分からずにいた私には、とても勉強になりました。
清水先生の温かい説明は、会場からの声を引き出してくださり、質疑応答でも良い提案が挙がっていました。

この日、質問されていた1人の方と講演後にお話することができました。
大切な出会いをいただいきました。
塩谷町の皆さま、清水先生、ありがとうございました!


下野新聞記事
塩谷町結果説明会

[2018/02/19 14:12] | 未分類 |
宇大公開シンポジウムに参加しました。
2月9日、宇都宮大学での公開シンポジウム「原発事故後の課題を考える」に参加しました。
第一部の基調講演「不可視化される低認知被災」では、3人の先生からそれぞれ栃木県、茨城県、福島県の低認知被害についてのお話を伺いました。
第二部パネルトークは、5人の先生方が基調講演を受けて質問されたり市民活動や地域の大学の役割などについて話し合われました。

低認知被災とは、社会的に認知度が低く制度的にも十分な対策が講じられていない被害状況とのことで、低認知被災問題の特徴のお話では共感することばかりでした。
特に、社会的なタブー化は最近さらに進みつつあると痛切に感じています。
風化に加え復興やオリンピックの妨げという雰囲気があって、私自身この活動をしていながらも会話で相手が触れたくない問題なのではと躊躇することが少なくありません。
ネット上のバッシングにもつい敏感になってしまいます。

またこの問題について、「目を背けていないと心の平静を保てない」所から、どう切り込んでいくかというお話もありました。
“茨城・栃木の低認知は、福島でも風評被害と言われる中で汚染を語れないことからも発生する。
国の線引き、人々のデタッチメントは、原発事故が「手に負えない問題」だったから。
政府の一方的な線引きだけでなく周りからも支えてしまい、ボタンの掛け違えが始まった。
掛け違えたボタンを掛け直すことが大切。
事故の矮小化が、社会からルールや信頼を喪失させている。
みんな不安を押し殺しているがゆえにもう一度「あの事故って何だったんだろう」と向き合い、コミットメントし、みんなが自分の言葉で話すことで社会は変わる。”
とのお話に、今の社会の恐ろしいほどの急速な変化に対する「なぜ?」が腑に落ち、原発事故がいかに大きなことだったか、私たちの社会に大きな影響をもたらしたかを改めて思い知った気がしました。

最後に清水先生は、「今起きていることをデータに取って、立場を超え次世代のために連携していきたい。この問題に関係しない分野はありません」と言われ、とても心強く感じました。
シンポジウム終了後、先生方と参加者の交流会にも参加し、浪江町から避難された方や活動されている方のご意見を伺うことができました。
どの方も、ご苦労されながらも活動を続けておられることに、励まされました。
今回、風化が加速する中で被災者の思いを代弁し、交流できる場をつくってくださった先生方に大変感謝しています。
そして、県境を越えて連携し支えてくださる先生方に私たちができることは何だろうとも考えました。

昨年出版された『フクシマ6年後 消されゆく被害』(人文書院)で、チェルノブイリ被災地の学校で放射能線護教育を普通に続けている様子を尾松氏が書かれています。
そんな風に当たり前に放射線防護の教育がなされ、皆が話し合え子どもたちを守る世の中になったらどんなにいいでしょう。
今、各地でチェルノブイリ法制定をしようとされている方や、甲状腺検査を実施くださる「関東子ども健康調査支援基金」、歌と踊りとお芝居で伝えておられる塩谷町の「とちの実保養応援団」、原発再稼働と輸出に抗議しデモに行かれる方など、私の周りには目を背けずに頑張っておられる方がたくさんいらっしゃいます。
私も、苦しみ楽しみながら工夫し、自分の言葉で伝え繋がっていこう。
そう思うと、元気になれます。
私たちが元気に活動を続けていくことが、声をあげてくださっている先生方に対しても唯一お役に立てることでしょうか。

この日のシンポジウムが東京新聞と下野新聞に掲載されていますので、お読みください。

東京新聞KOTYO Web 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201802/CK2018021002000157.html

下野新聞
下野新聞2018年2月10日







[2018/02/12 23:07] | 未分類 |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

『子供の未来を考える会ハチドリ』

Author:『子供の未来を考える会ハチドリ』
私たちは、矢板市が福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染による指定廃棄物最終処分場候補地に選定されてから、座談会や勉強会・お茶会を行ってきました。
2015年2月「放射能からこどもを守ろう関東ネット」に加入。

放射能汚染から子ども達を守り、より良い未来を作るために、これからも「ハチドリのひとしずく」のように一人ひとりが出来ることを考え、活動していきます。

お問い合せ先
hachidori_88@yahoo.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する