FC2ブログ
子供の未来を考える会ハチドリ
… 放射能汚染から、子ども達を守りたい…
矢板市長と面談しました
5月24日(水)14時に「放射能から子供を守る会・塩谷」「とちの実保養応援団」の方々と矢板市役所を訪れ、矢板市長と面談をしました。

まず甲状腺エコー検査実行委員会としては、11月11・12日に行う「関東子ども健康調査支援基金」主催の甲状腺エコー検査の後援、会場使用、広報掲載、検診視察をお願いしました。
検査の後援は承諾いただけませんでしたが、できる限り検討くださるとのことでした。

そして、昨年実施した検査の状況とアンケートの報告の他、福島県民健康調査で甲状腺がん184人以外にも経過観察後に手術をした事故当時4歳の患者を含むデータを公表しておらず人数が多い可能性があること、福島県において甲状腺の悪性腫瘍手術数がこの5年間で1082件(厚労省発表)と増えていること、いわき市にNPO法人「いわき放射能市民測定室たらちね」が診察と治療をする「たらちねクリニック」が開設されたこと、「3.11甲状腺がん子ども基金」で福島県外の申請に重症患者が多いと発表されている等の情報を伝え、隣県だけの問題ではなく矢板市でも早期発見早期治療を考えていただきたいと話しました。

その後、「放射能から子供を守る会・塩谷」の方から、塩谷町で始まった自治体による甲状腺エコー検査について話をしていただきました。
矢板市では子どもたちの甲状腺エコー検査に反対する団体もあり難しいと理解していますが、塩谷町に続き検査実施の実現に向け、これからも要望していきたいと思っています。

また、「とちの実保養応援団」の方からも、子どもたちの保養の必要性を説明、6月に福島県で行われる「ほよ~ん相談会」のチラシを手渡していただきました。

真剣な内容でしたが、齋藤市長には県議時代から皆で何度か陳情に伺っていたので、その頃のことを思い出し談笑を交えての面談となりました。




スポンサーサイト
[2017/05/28 15:36] | 未分類 |
| ホーム |
プロフィール

『子供の未来を考える会ハチドリ』

Author:『子供の未来を考える会ハチドリ』
私たちは、矢板市が福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染による指定廃棄物最終処分場候補地に選定されてから、座談会や勉強会・お茶会を行ってきました。
2015年2月「放射能からこどもを守ろう関東ネット」に加入。

放射能汚染から子ども達を守り、より良い未来を作るために、これからも「ハチドリのひとしずく」のように一人ひとりが出来ることを考え、活動していきます。

お問い合せ先
hachidori_88@yahoo.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する