FC2ブログ
子供の未来を考える会ハチドリ
… 放射能汚染から、子ども達を守りたい…
「福島県外の放射能汚染に関する意見交換」に参加しました
8月30日(木)、午後2時より茨城大学で開催された「福島県外の放射能汚染に関する意見交換会ーー茨城県と栃木県での市民活動の経験から」に参加しました。

主催の原子力委員会より福島原発事故部会の細川さんの趣旨説明、続いて以下の茨城と栃木からの活動紹介がありました。

茨城県の市民グループの活動紹介
・ 自主測定する茨城農民の会(石岡市)
・ こつこつ測り隊(ひたちなか市)
・ いばらき環境放射線モニタリングプロジェクト
・ 関東子ども健康調査支援基金
・ つくば市民放射能測定所

栃木県の市民グループの活動紹介
・ 甲状腺エコー検査矢板実行委員会、子どもの未来を考える会ハチドリ
・ 那須塩原放射能から子どもを守る会

茨城県の市民グループの活動紹介では、自主的に測り始め、一から勉強して反対というだけでなく何が原因なのかを学習会で話し合ったり、事実を知らせたいと通学路沿いを定期定点測定をしたりと地道に測定を続けて公表しておられる皆さんの活動に頭が下がる思いでした。
「自主測定する茨城農民の会」は、行政の対応を待つのではなく農作物を自主的に測定することが、顧客との信頼関係回復・維持にとって重要と考えられたそうです。2度の東電との直接損害賠償請求は拒否されましたが、測定機器の購入費運営費を請求したADRが今年7月に認められました。素晴らしいですね!
一方で栃木県北ADRが認められず打ち切りになったことは、本当に残念です。
また、私たちがいつもお世話になっている「関東子ども健康調査支援基金」からは、事故当時、断水で給水所に子どもを並ばせてしまったなど母親たちの心配から基金を設立し、現在各地17団体の市民グループと連携し健康診断を継続中とのお話がありました。

栃木県からは、私も活動紹介させていただきました。
矢板市での甲状腺エコー検査のこと、矢板市議会に「甲状腺エコー検査実施に関する陳情書」を提出したこと、矢板市の汚染に向き合っていくために、周りの人と何気ない日常会話を工夫して伝えていきたいこと。その工夫の一つとして手作り新聞「ハチドリ便2号」も会場の皆さんに配らせていただきました。
「那須塩原放射能から子どもを守る会」手塚さんは、事故直後から意識を高く持って学校、自治体、政府へ働きかけを行ったお話をされました。
「時間が経過したからこそ、チャンスもある。これ、どうなんだろうね、という話をしていきたい」との言葉に共感しました。

茨城大学の原口弥生先生と、宇都宮大学の清水奈名子先生からは、「市民の目線でのデータは素晴らしい」「県境を越えて汚染が広がり、最も危なかった時期のことを母親たちが心配するのは当然のこと」など、温かいコメントをいただきました。

意見交換会では、「空から見たホットスポットは、下では面で生活している」「専門家(と言われる人たち)が動かない」「科学的な議論とは別に、原発事故がなければこんなことは心配しなくてもよかった」「子どもたちに言い続けて伝えていけば、小さい時には意味が分からなくても大きくなったら分かる」「測り続けていて、それでどうなるのかと葛藤もある」など、皆さんのご苦労や正直な感想を伺うことができました。
原子力市民委員会からのお話もあり、委員会の取り組みを知り、大変心強く思いました。

それから、原子力市民委員会の委員として満田夏花さん、島薗進さんも参加されていました。
満田さんは、2年前に矢板でお話させていただいており、またお目にかかれて嬉しかったです。
島薗さんは、いらっしゃることを知っていれば著書「宗教ってなんだろう?」(中学生の質問箱)を持参してサインをいただきたかったなあ!と思いました。

この日は皆さんのお話に共感し茨城と栃木の汚染を考え勉強をさせていただき、有意義な時を過ごせました。
そして会場に早く着き、茨城大学図書館で開会を待ちながら本を手に取り学生に戻った気分になることもできて、楽しい一日となりました。
今後も、この様な意見交換会に参加して情報を持ち帰り、皆さまのお力を借りながら活動を続けていきたいと思います。



「関東子ども健康調査支援基金」荻さんの活動紹介。
IMG_20180831_224235.jpg


会場は茨城大学図書館のセミナールーム。素敵な図書館でした!
DSC_1788.jpg









スポンサーサイト
[2018/08/31 21:44] | 未分類 |
| ホーム |
プロフィール

『子供の未来を考える会ハチドリ』

Author:『子供の未来を考える会ハチドリ』
私たちは、矢板市が福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染による指定廃棄物最終処分場候補地に選定されてから、座談会や勉強会・お茶会を行ってきました。
2015年2月「放射能からこどもを守ろう関東ネット」に加入。

放射能汚染から子ども達を守り、より良い未来を作るために、これからも「ハチドリのひとしずく」のように一人ひとりが出来ることを考え、活動していきます。

お問い合せ先
hachidori_88@yahoo.co.jp

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する